外断熱をお考えのみなさまへ

外断熱工法って何?

外断熱工法とは、建物を断熱材ですっぽりと覆う工法のこと。コンクリート造のように重量があり、熱容量の大きな建築物の外側を連続した厚い断熱材で覆います。

断熱材は、コンクリート建築物を夏の暑さや冬の寒さから保護するために用いられますが、古い建物は断熱材が設置されていない場合もあり、これは「無断熱」と呼ばれます。また、外壁の内側を断熱する方法を「内断熱」と言います。

外断熱工法の住まいは、蓄熱性のあるコンクリート躯体が室内の温度変化を抑えるため、冬の寒さや夏の暑さが和らぐのがうれしいポイント。断熱材だけでなく、高性能な窓ガラスやサッシ、そして換気システムと組み合わせることで、健康&快適に暮らせる住空間、省エネ&長寿命の住まいをつくりだせるのが大きなメリットです。

  • PAGETOP

外断熱の住まいなら!

壁内部の結露がない健康的な住環境ができる!

外断熱工法は、様々な問題を引き起こす要因である壁内部の結露を防ぐことができます。無断熱や内断熱の建物のコンクリートは、冬の間、外気温と同じかそれ以下まで冷えます。室内の温かい空気に含まれた水蒸気が冷えたコンクリートに触れることによって冷やされるため、壁内部で結露が起きるのです。一方の外断熱は、建物のコンクリートが外気や直射日光から守られており、室温との温度差ができないため壁内部の結露が起きにくいのがポイント。壁内部の結露が原因で発生する室内のカビやダニがない健康的な住環境をつくることができます。

内断熱工法 外断熱工法
従来の内断熱では、コンクリート温度が下がるため、結露が生じやすい。 外断熱は、外側に断熱材があるため、コンクリート温度が下がらず結露が生じにくい。

省エネ&快適ライフを実現できる!

省エネ&快適ライフを実現できる!

外断熱工法では、断熱材の内側にあるコンクリートが蓄熱体となって冷暖房の熱をたくわえるため、冬暖かく夏涼しい理想的な住環境が実現可能です。冷暖房の使用を抑え、光熱費を大幅に節約できる省エネ住宅です。

建物の資産価値が上がる!

建物の資産価値が上がる!

外断熱工法は躯体コンクリートの外側に断熱材を用いるため、コンクリートの温度は1年を通して大きな変化がありません。
そのため雨水の浸入の原因となる、コンクリートの膨張・収縮によるクラック(ひび割れ)を防ぐことができます。
建物の耐久性とともに資産価値も高まる、優れた工法です。

また、外断熱工法のマンション経営では、優れた住環境を長期にわたって提供できるため、安定した資産運用が可能です。

地球環境にやさしい!

地球環境にやさしい!

外断熱工法で建築された建物は耐久性が高く、光熱費を抑えながら快適な住環境を実現できる省エネ住宅。
CO2の排出量が減り地球温暖化防止につながるだけでなく、資源保護にも貢献します。

  • PAGETOP

丸二の外断熱工法

丸二では、2000年から外断熱工法の施工に取り組み、現在まで数多くの外断熱建築を手がけてまいりました。RC造(鉄筋コンクリート造)の建物に、「通気層工法外断熱工法(EV外断熱工法)」「密着湿式外断熱工法(レオRCB外断熱工法)」を採用し、一般住宅から集合住宅、コーポラティブハウス、長期資産運用型賃貸マンションまで、幅広い建物の外断熱施工に対応しています。

外断熱工法での家づくりには、地域や立地環境などの条件、建築目的、建築後の管理運用方法、建築資金など様々な検討課題があります。丸二は、施工者として様々な要因を研究し、各種外断熱施工をご提案してまいります。

丸二の新築外断熱工法について

【外断熱と外張り断熱は別ものです】

「外断熱」と「外張り断熱」という言葉があり、ネット上では両者が同一のものと混同されたような記載が多々ありますが、この2つは別ものです。簡単に言えば、「外断熱」は鉄筋コンクリート造(RC造)の建物の場合、「外張り断熱」は木造・鉄骨造の建物の場合に用いる言葉です。

鉄筋コンクリート造の建物は躯体自体が蓄熱体となり、いったん暖まると持続的に熱をため込みます。外断熱は、熱容量の大きい鉄筋コンクリートの躯体を外側からすっぽり包み込むことを目的として開発された断熱工法なのです。

一方、外張り断熱は、蓄熱層を持たない木造・鉄骨造の建物の外側に断熱材を張ることで、断熱層をつくる工法のこと。木造・鉄骨造の建物は鉄筋コンクリート造の建物に比べて熱容量が小さいため、鉄筋コンクリート造の建物ほど断熱の恩恵を受けません。

  • PAGETOP

WEBからのお問い合わせ